English

電通とのリレーションシップを武器に
新たなスポーツビジネスを創造

2011年7月ジエブは電通の国内外のスポーツビジネス体制強化のために電通グループの一員に加わりました。

1978年の創業と同時に国内ゴルフトーナメントの運営を開始、1981年からトヨタカップ(現在のFIFAクラブワールドカップに至る)を運営するなど、数々のスポーツイベントで成功を収め業界内で確固たる地位を築いてまいりました。 近年は2002FIFAワールドカップ日韓大会をはじめサッカー日本代表戦、Jリーグ関連業務、世界トライアスロンシリーズ横浜大会、東京マラソン、横浜マラソン、ちばアクアラインマラソン、天皇杯・皇后杯 全日本バスケットボール選手権大会、全世界空手道選手権等の運営業務に業容を拡大しております。

電通の持つスポーツビジネスにおけるノウハウや、スポンサー・放送局・競技団体との強固な関係に、ジエブの持つイベントオペレーションのノウハウが融合することにより、今まで以上にクオリティの高いサービスを提供し、スポーツビジネス全般におけるフルサービス体制が強化されることになります。

最大の強みである「人」に更に投資しつつ「受けた仕事は必ず成功させる」というジエブイズムのもと、スポーツビジネスに貢献していくという使命感とさらなる向上心を抱いて、全社員一丸となって業務に取り組んでまいります。来る2019年にはラグビーワールドカップ、2020年には東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催が予定されております。当社では電通とのリレーションシップの強味を活かし、これらを含めた新しい分野への挑戦を続け、皆様のご期待に応えられる精鋭集団としてスポーツビジネスの一翼を担っていく所存です。

代表取締役CEO

野口 尚生