English

豊かなスポーツ文化の創造にむけて、
独自のビジネスモデルで貢献する

ジエブは、電通の国内外のスポーツビジネス体制強化のため2011年7月に電通グループの一員に加わりました。

1978年の創業と同時に国内ゴルフトーナメントの運営を開始、1981年からトヨタカップ(現在のFIFAクラブワールドカップに至る)を運営するなど、数々のスポーツイベントで成功を収め業界内で確固たる地位を築いてまいりました。 一昨年のラグビーワールドカップ2019をはじめ、2002FIFAワールドカップ日韓大会、世界トライアスロンシリーズ横浜大会など数々の国際的な大型イベントに取り組んできました。現在は、サッカー日本代表戦、サッカー天皇杯、Jリーグ、東京マラソン、横浜マラソン、天皇杯・皇后杯全日本バスケットボール選手権大会、全世界空手道選手権、車いすバスケットそしてボッチャ等様々なイベント運営業務に業容を拡大しております。

電通の持つスポーツビジネスのノウハウや、スポンサー/放送局/競技団体との強固な関係に、ジエブの持つイベントオペレーションの実績とノウハウが融合することにより、独自のビジネスモデルが築き上げられています。

社の最大の強みであり財産は、「人」です。「受けた仕事は必ず成功させる」というジエブイズムのもと、プロジェクトへの強い使命感とさらなる向上心をもって、全社員一丸となって業務に取り組んでまいります。

今年は東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会をはじめ様々なスポーツイベントが予定されています。電通グループの強みを活かし、高度なサービスを提供することで、皆様のご期待に応える良きパートナーとして、そして何よりもスポーツ界発展に貢献していく会社でありたいと考えています。

代表取締役社長執行役員

上田 浩一