English

03

イベントマネジメント事業

スポーツ担当

2012年入社

チーム一丸となってイベントを成功させる。
仲間と協調しながら、厳しさの中にも優しさをもって、仕事をしています。


Q ジエブを選んだきっかけは?

子どもの頃からスポーツが好きで、高校ではサッカー部に所属していました。大学卒業後は一度、他の会社へ就職したものの、やはりスポーツに関わる仕事がしたいと思っていました。そんな時に、お世話になったサッカー部の顧問の先生に「ここの会社、受けてみたら?」とすすめられたのが始まりで、ジエブに興味を持つようになりました。ホームページを見るとサッカーはもちろん、いろいろなスポーツイベントを運営していて、おもしろそうだなと思ったのがきっかけです。


Q ジエブではどんな仕事を?

入社当初から現在の部署に配属されて、市民マラソンの大会運営やプロ野球球団の演出、企業のゴルフコンペから文科系イベントの運営業務まで、スポーツに限らず、いろいろな分野のイベントに携わってきました。はじめは会社の先輩たちが担当しているイベントにアシスタントとして携わり、いろいろな経験をしました。最近では、私自身がメインの担当として進めていくイベントも増えてきたところです。


Q 今の仕事のやりがいは?

一緒にイベントに携わったクライアントの担当者の方から「ありがとう。また一緒に仕事しようね」といった言葉をかけていただけた時や、イベントに参加している子どもたちが楽しそうにしているのを見た時に、この仕事をしていてよかったと思います。仕事を通してクライアントやお客様、協力会社の方など、イベントに携わるすべての人がハッピーになることが、私にとってこの上ないよろこびですね。


Q 印象に残っているできごとは?

私が担当しているプロ野球球団のダンスチームの仕事のひとつとして、数年前のオールスターゲームの際に、全球団のダンスチームを取りまとめる機会がありました。普段は、担当している一つのチームを見ているのですが、全球団のダンスチームを担当することになって、ステージでの立ち位置や、導線、スケジュール管理、それに関係する資料の作成など、やらなければいけないことがたくさんありました。そして迎えたイベント当日、運営は他の社員にも手伝ってもらいました。イベントステージでは、用意していたはずのダンス曲の音源が見つからず、どうしようと慌てたのですが、お客さんがみんなで歌を歌ってくれて、なんとか無事に終えることができました。自分の確認不足だったので反省しましたが、みなさんが助けてくれたことがほんとうにうれしかったです。野球の試合は、選手がメインではありますが、マスコットやダンスチームの演出はもちろん、お客さんが加わることによって、盛り上がっていくもの。たくさんの方の協力があってこそ、イベントは成り立つのだと実感した瞬間でした。


Q 今後、ジエブでやりたいことは?

地元の福島で、地域貢献となるようなイベントの仕事がしたいです。福島だけではなく地方の子どもたちは、大きなイベントを生で見られる機会があまりありません。ですから、たとえば私が担当するイベントを地方で開催されるように提案し実現させて、たくさんの人が集まることで、少しでも地方の活性化につながるような仕事ができたらと考えています。もちろん、そのイベントに両親も見に来てくれたらうれしいですし、そんな夢のあるイベントを日本中でやることができたら、日本がもっと元気になるのではないかと思っています。


Q ジエブをひと言で表すと?

「仲間意識の強い会社」です。イベント前の忙しい時期でも、みんなスポーツが好きな人ばかりなので、イベントをよりよくするためなら苦労は惜しみません。忙しいからこそみんなで助けあい、より仲も深まるので、毎日が楽しいです。

TIME SCHEDULE

ある一日の流れ

9:30

出社

メールチェック
1日のスケジュールを確認してから、打ち合せ資料などを作成します。

12:30

昼休み

13:30

社内ミーティング

16:00

協力会社との打ち合わせ

18:00

退社後は、友人と食事にいきます。